サブカテゴリー一覧
ふるさと体験館
おすすめメニュー
体験メニュー
トップ  >  インフォメーション  >  会員募集

会員募集


はじめに


 体験交流施設「ふるさと体験館きそふくしま」は、旧黒川小学校の木造校舎を改装・整備し、平成14年4月24日にオープンいたしました。旧木曽福島町では平成9年より体験学習会を通じ指導者の養成を行いながら、体験学習に訪れる学生を中心に受け入れをし各所で対応してきましたが、体験交流施設ができたことにより一箇所での対応が可能となり、体験の町木曽福島の充実が図られるものと期待できます。

 ついては、多くの町民がこの施設に係りを持っていただくことが最も重要であり、体験交流に参加していただきたいと思っています。

 以下にNPO法人、趣旨について説明しますので、御理解いただき、できるだけ多くの皆様が会員として参画いただきたくお願い致します。


NPO法人とは


 民間非営利組織(Non Profit Organization)と呼ばれるもので、ボランティア活動をはじめとする社会貢献活動を行う団体に広く法人格を取得する道を開いて、その活動の健全な発展を促進し、公益の増進に寄与することを目的としています。


NPO法人設立趣旨


 木曽町では、そば打ち・五平餅の郷土食体験、つる細工・わら細工の工芸品体験、木の間伐・炭焼きの林業体験など、町の女性グループ(四季の会)や地域のお年寄りを中心に体験学習の受け入れを行ってきた。町の小学校の一つが平成9年に閉校になり、地元の人々から木造校舎の有効利用が求められていた。平成12年、国の補助事業「やすらぎの交流空間整備事業」により体験交流施設の場として整備された。この施設では、NPO法人の活動対象である社会教育の推進を図る活動、町づくりの推進を図る活動、文化芸術の振興を図る活動、子供の健全育成の充実を図る活動、環境の保全を図る活動等が十分反映できるため、法人として設立することが望ましいと考えている。そこで、NPO法人を設立し、体験交流の充実を図るとともに、学生を対象とした総合学習や高齢化社会における生涯学習、都市と農村を結ぶ交流の場として、地域の活性化を図っていきたいと考えます。


会員の名称及び会費



  • 正会員    「NPO法人総会における議決権を有し、運営に関わっていく者」

    20,000円(入会金5,000円含む)

  • 指導者会員 「体験の指導にあたり、指導料を受けられる者」(体験指導者)

    5,000円

  • ふるさと会員 「体験館に関心があり、支援してくれる者」

    団体 10,000円(一口)

    個人  3,000円(一口)



    * 各会員には、定期的に体験館の情報を提供します。

    * 体験施設の利用に際し割引等の特典があります。

    * 会費は、年会費です


お問い合わせ



  • TEL : 0264-27-1011 FAX : 0264-27-1012

  • e-mail

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:8 平均点:10.00
前
体験館の歴史
カテゴリートップ
インフォメーション