サブカテゴリー一覧
ふるさと体験館
おすすめメニュー
体験メニュー
トップ  >  体験メニュー  >  郷土食体験

郷土食体験

郷土食体験木曽の伝統に培った 食の体験 しませんか

そば打ち

そば打ち 地元の木曽町産100%の風味の良い石臼挽きそば粉です。
初心者の方にもわかりやすく丁寧に教えます。
打ちたてのおいしさをぜひ、味わってください。
一打ち3人前から。

笹巻き

笹巻き昔から端午の節句に作られたちまきです。笹の葉を使うことで保存食として重宝されてきました。米の粉で作ったもちを笹の葉で包んだもち菓子です。

もちつき

もちつき昔ながらの杵と臼で豪快に餅つき。
つきたてのお餅を、ゴマ、きなこ、あんこをお好みで
早速、試食してみましょう。

豆腐

豆腐 地元で採れた大豆を使い、豆腐づくりの全工程が体験できます。濃厚な豆の味が楽しめます。
食卓でおなじみのお豆腐。親子で食育について考える良い機会です。

ほお葉巻き

ほお葉巻き米の粉を使って餡を入れたもちを朴の葉で包んで蒸し上げた、木曽の名物。朴の葉には殺菌作用があり、保存食として農繁期のおやつや月遅れの端午の節句のお供え菓子に、昔から作られてきました。

五平餅

五平餅秋の収穫祝いに新米で五平餅を作ります。
この地域で作られているエゴマ(ハーブの一種)を使い、特製のタレに仕上げ、たっぷりとかけていただきます。

おおびら(大平)

おおびら木曽では、冠婚葬祭の時によく作る煮物料理です。祝いのときは、末広がりの三角に野菜を切ります。数種類の野菜の素材を活かした味付けです。

味噌

味噌地場産の大豆を使い、春に昔ながらの味噌作り。
ドラム缶で豆を煮てつぶし、米麹と塩を混ぜて仕込みます。土用に天地返しをして半年ほどで食べられます。
手前みそとはよく言ったもので、手づくりは一味違います。

すんき漬

すんき漬木曽の赤カブ菜を刻み、昔は貴重だった塩をまったく使わずに植物性乳酸菌で発酵させた、冬限定の漬物。とても酸っぱい味。無塩で乳酸菌や食物繊維たっぷりの奇跡の漬物です。 →すんきの魅力をご紹介

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:33 平均点:10.00
カテゴリートップ
体験メニュー
次
木工体験